ForgeVision Engineer Blog

フォージビジョン エンジニア ブログ

新機能「Amazon S3 Access Points」を試してみる

f:id:fv-nakagawa:20191214160722j:plain

クラウドインテグレーション事業部のにゃんなか(中川)です。

ラスベガスで開催されていた「AWS re:Invent 2019」に初参加し、現地で新サービス発表を直接見てきました!

日本に戻りましたので、新サービスを試していきたいと思います。


今回のお題

Andy JassyのKeynoteで発表された「Amazon S3 Access Points」について試してみます。

f:id:fv-nakagawa:20191212213155j:plain

aws.amazon.com

「Amazon S3 Access Points」とは

  • S3 Bucketへのアクセス権限を管理するための新しいBucket設定です。

  • 新規、および既存Bucketに設定可能です。

  • アクセスポイントという単位でカスタムアクセス権限を設定可能です。

  • アクセスポイント経由でアクセスすることでカスタムアクセス権限が適用されます。

  • S3へアクセスポイントを介してアクセスする際は以下のようなARN形式で指定となります。

arn:aws:s3:{region}:{account-id}:accesspoint/{access-point-name}
  • CLIでのアクセス例
# aws s3api get-object --key my-image.jpg --bucket arn:aws:s3:us-west-2:123456789012:accesspoint/prod download.jpg
  • ネットワークのアクセスタイプ設定にてVPCもしくはパブリックアクセスを選択することで、例としてVPCからのリクエストのみを許可する制限も簡単に実現可能です。

嬉しいこと:

従来Bucketポリシーに対し要件毎にアクセス権限制御を追加していくと、運用を重ねるにつれ設定が長くなっていき、ポリシーのメンテナンス管理が大変になることもありました。

S3に多数のアプリ/サービスから共有データセットとしてアクセスするユースケースが顕著かと思います。

本機能によりアクセスポイントという単位で設定をわけることが可能となるため、修正時の影響も把握しやすく、視認性もよくなり、ポリシーの運用管理が楽になります。

留意事項:

・すべてのS3 APIに対応しているわけではありません。

・すべてのAWSサービスとの連携に対応しているわけではありません。

・対応しているS3API、AWSサービスは以下をご参照ください。

docs.aws.amazon.com

・アクセスポイントを介してオブジェクトにアクセスするには、アクセスポイント側のポリシーだけではなく、Bucket側本体でもアクセス許可している必要があります。

・アクセスポイントで制限したポリシーはそのアクセスポイントを介するリクエストにのみ適用されます。従来通りBucketに直接アクセスしたときのアクセス制御には適用されません。

設定方法

①S3 Bucket設定にアクセスポイントタブが増えていますね。 「アクセスポイントを作成」を選択します。 f:id:fv-nakagawa:20191214152846j:plain

②アクセスポイント名を入力します。アクセスポイント名はアカウント単位でリージョン内一意である必要があります。 f:id:fv-nakagawa:20191214182926j:plain

③ネットワークのアクセスタイプを「VPC」もしくは「インターネット」いずれかを選択します。本例ではリクエスト元としてVPCを選択し進めます。 f:id:fv-nakagawa:20191214182940j:plain

④VPC IDを入力します。こちらは現時点では手入力です。 f:id:fv-nakagawa:20191214182951j:plain

⑤今回はパブリックアクセスは許可しないのでデフォルト(すべてブロック)のままにします。 f:id:fv-nakagawa:20191212213104j:plain

⑥アクセスポイントポリシーを入力します。 f:id:fv-nakagawa:20191214232546j:plain

今回は試しにIAMユーザ test01に対しListBucket権限を与えてみます。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": {
                "AWS": "arn:aws:iam::<accountNO>:user/test01"
            },
            "Action": "s3:ListBucket",
            "Resource": "arn:aws:s3:ap-northeast-1:<accountNO>:accesspoint/accesspoint01"
        }
    ]
}

設定完了です。 f:id:fv-nakagawa:20191212213122j:plain

試してみる

構成

f:id:fv-nakagawa:20191214173351j:plain

・アクセスポイントで許可設定したVPC-A以外に、もうひとつVPC-Bを作成

・各VPCにクライアント用EC2を作成し、それぞれIAMユーザtest01でs3アクセスできるようにします。(※本お試し用の構成であり、本来はセキュリティ上非推奨です)

・お試しなのでVPCエンドポイント側のポリシーでは制限を設けないようにします。

・また今回はBucketポリシーはアクセスポイント経由でのみアクセスできるようにします。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Principal": {
                "AWS": [
                    "arn:aws:iam::<accountNO>:user/test01"
                ]
            },
            "Action": "s3:ListBucket",
            "Resource": "arn:aws:s3:::nyannk001",
            "Condition": {
                "StringLike": {
                    "s3:DataAccessPointArn": "arn:aws:s3:ap-northeast-1:<accountNO>:accesspoint/*"
                }
            }
        }
    ]
}

指定VPCからのみアクセス可能であることの確認

①VPC-AのEC2からアクセスポイント経由でアクセスできることの確認

設定どおりアクセスできました。

$ aws s3api list-objects-v2 --bucket arn:aws:s3:ap-northeast-1:<accountNO>:accesspoint/accesspoint01
{
    "Contents": [
        {
            "LastModified": "2019-12-12T09:41:50.000Z",
            "ETag": "\"d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e\"",
            "StorageClass": "STANDARD",
            "Key": "test/",
            "Size": 0
        },
        略
    ]
}

②VPC-BのEC2からアクセスポイント経由でアクセスできないことの確認

設定どおりアクセス拒否されました。

$ aws s3api list-objects-v2 --bucket arn:aws:s3:ap-northeast-1:<accountNO>:accesspoint/accesspoint01

An error occurred (AccessDenied) when calling the ListObjectsV2 operation: Access Denied

アクセスポイント経由でしかアクセスできないことの確認

①VPC-AのEC2からBucketに直接アクセス確認

設定どおりBucketポリシーで直接アクセス不可となりました。

$  aws s3api list-objects-v2 --bucket nyannk001

An error occurred (AccessDenied) when calling the ListObjectsV2 operation: Access Denied

さいごに

現行のBucketポリシー運用でお困りかたには朗報ではないでしょうか。

既存Bucketに対しても適用可能ですし設定自体は簡単ですので是非お試しいただけたらと思います。

フォージビジョン エンジニアブログをご覧頂き、ありがとうございました。

f:id:fv-nakagawa:20191214181957j:plain

re:Invent 2019 Tatonkaチャレンジ 記録19本 にゃんなか

■その他S3関連記事

techblog.forgevision.com