ForgeVision Engineer Blog

フォージビジョン エンジニア ブログ

Orca Security に追加されたコンプライアンスフレームワーク - 2024/02

フォージビジョン Orca Security のサービスサイト がオープンしました。

コーポレートサイトで活用事例を公開中!

こんにちは、Orca Security 担当の尾谷です。

2024 年 2 月に、Orca Security に追加されたコンプライアンス・フレームワークをご紹介します。

Microsoft Windows 10 Intune

バージョン: 2.0.0

Ubuntu Linux 18.04 DISA STIG

バージョン: 2 リリース 12

Ubuntu Linux 18.04 コンプライアンス・フレームワーク用の DISA STIG (Version 2, Release 12) バージョンをサポートしました。
DISAは、STIG - セキュリティ技術実装ガイドを提供する国防情報システム局です。

コンプライアンスフレームワークの改善

以下のコンプライアンスフレームワークは、新しいクロスプロバイダーアラートが追加されました。 
サービスやクラウドプロバイダーに対する各コントロールの適用範囲とサポートが拡大しました。

NIST 800-172 コンプライアンス・フレームワークが更新され、新たにクロスプロバイダー警告が追加されました。この改善により、各コントロールの適用範囲とサポートが拡大されました。

NIST 800-172

DORA (Digital Operational Resilience Act)

CMMC (Cybersecurity Maturity Model Certification) Level 2

GDPR (General Data Protection Regulation)

NIS (Network and Information Security)

PDPA (Personal Data Protection Act)

LGPD (Brazilian General Data Protection)

MPA (Motion Picture Association)

SOX 404

Essential 8 Maturity Level 1、Level 2, Level 3

以上です。