ForgeVision Engineer Blog

フォージビジョン エンジニア ブログ

これから学ぶ Amazon WorkSpaces④~最新アップデート~

はじめに

こんにちは!クラウドインテグレーション事業部
北原雅人(Kitahara Masato)です!

これから学ぶ Amazon WorkSpacesシリーズとして、
フォージビジョンエンジニアブログに投稿していきたいと思います。

本日は第4弾である「これから学ぶ Amazon WorkSpaces①~概要~」を
投稿します!

Amazon WorkSpaces 最新アップデートについて

WorkSpacesの最新アップデートを説明していきます。

2020年頃からWorkSpacesを利用していますが、
その後以下のような嬉しいアップデートがありました。

①WSP対応版WorkSpacesの登場
②Windws10のBase Windows Server2019版の登場
③WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース

①WSP対応版WorkSpacesの登場

 これまでのWorkSpacesはPCoIPというプロトコルを利用して、
 画面転送を実施し、VDI基盤を展開していました。

 新しいAmazon WorkSpaces Streaming Protocol(WSP)は、
 旧来のプロトコルと比べると低遅延で利用できる為、
 ネットワークに不安のある環境においても安定利用が可能で、
 これまでWorkSpaces上では利用が出来なかった、マイクとカメラを
 利用したWeb会議等にも利用出来る新しいプロトコルとなっています。

利用する時は以下のようにバンドル選択をする。

起動後にカメラを利用する時には、クライアントの
右上からデバイスを選択する

マイクを利用するときは会議体にてマイクを許可して利用する

WSP対応版WorkSpacesを利用する事で
Web会議等が可能となりました

②Windws10のBase Windows Server2019版の登場

 これまではWindows Server2016BaseのWindows10のみ
 利用可能でしたが、新しくWindows Server2019に対応した
 バージョンが利用可能となりました。

 Windows Server 2019を利用する事で
 以下のメリットを受けられます
 ・Windows Subsystem for Linux (WSL 1)
 ⇒Windows Server 上でLinux のシェル (Bash) を動作する事が可能
 ・OneDrive Files On-Demand
 ⇒ローカルドライブとOneDriveを経由してストレージ節約が可能
 ・Microsoft Office 2019アプリケーションバンドルの利用可能
 ⇒文字通り、Office2019が利用可能になります。

どれも地味に嬉しいですね!

Windows Server2019版を利用する場合は以下のバンドルを選択

③WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース

当初頻繁に利用していた時期はクライアントが2.7でしたが、
時は経ち、WorkSpacesクライアントソフトウェアも4.0が
リリースされていました。

これまでのクライアントソフトウェアは32bit版だったのですが、
ようやく64bit版がリリースされて、時代が追いついた感じです。

WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース
結構ログイン画面のデザイン性も変わってます。

・2.7時代のログイン画面

WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース
結構ログイン画面のデザイン性も変わってます。

・3時代のログイン画面

WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース
結構ログイン画面のデザイン性も変わってます。

・4のログイン画面は3とほぼ変わらず。

■WorkSpaces クライアント4.0(64bit)のリリース
右上のネットワークボタンからネットワーク速度が
確認出来る。WorkDocsドライブのインストーラー
が設置されており、利用が簡易に

最後に

皆さんいかがでしたでしょうか。 4か月連続の「Amazon WorkSpaces」による これから学ぶシリーズでした。

お楽しみ頂けてたら嬉しいです!!

また、最新情報をキャッチアップして お届けしますので、お楽しみに!!